【在宅介護】両親の介護状態と家族構成

高齢両親と独娘と雄猫と・・・

 

2018年秋に実家に舞い戻った独女と雄猫

2020年頃からとうとう両親も身体にガタがきだし秋には父が心筋梗塞で救急搬送される

いよいよ介護生活に突入か!! と思ったら結構元気に復活(笑)

しかし、2021年8月に母が救急搬送されてからは決定的になり9月に両親の介護認定を申請

2021年10月には父が要支援1母が要介護4と認定される

 

そんな両親の介護状態やなんやら簡単にご紹介しますね。

※2022年4月現在※内容は随時更新していきます

 

介護認定や介護状態なども含めてご両親を介護される方の参考になれば幸いです。

 

 

我が家の家族構成&両親の介護状態を紹介します

 

父さま

84歳

要支援1

2020年秋に心筋梗塞で緊急搬送される

カテーテル手術をし3週間入院したが現在はほぼ元気に過ごせている

但し70代で足の甲を骨折して以来歩くスピードはかなり落ちたのと年々手の震えが酷くなる

ここ最近の体力の落ち方は強くて疲れやすさが増している

自分の身の回りの事は最低出来るし父の当番にしている家事はやってくれるが1日の大半を横になっている時間が多い

2021年12月より週1回運動系のデイケアサービスに通い始める

 

母さま

88歳

要介護4

2021年夏に誤嚥性肺炎と胸水で緊急搬送される

酸素濃度が薄く酸素が手放せない状態で車いすでの移動となっているとの事

入院直後に起こったせん妄から完全に戻らず、また心不全も患ったので

少し認知のような状態が見受けられるようになる。

2ヶ月超の入院を終え10月下旬に退院

しかし入院前の元気な姿とは別人で歩けない、起きているのもツライ感じ

そして私の事も認識できないという状態で帰ってきた

「とうとう在宅介護が始まりだ!」 と思ったら11月下旬に再び酸素濃度が低下し再入院

慢性心不全がありその為酸素濃度も低下しやすいらしい

またこの2度目の入院中に心不全以外に慢性腎臓病・高尿酸血症など多数の疾患が発覚する

何より体力が著しく低下しているためこの先元のように元気になれるのかは難しいだろうと告げられる(泣)

12月下旬に退院するもあまり食欲もなく心配するが大晦日から元旦にかけて自分からお腹すいたと言い出したりするようになる。

1月明けてから訪問医を変更しかなり強い痛み止めを飲まないようにしてから思い出すことも多くなり、何より食欲が復活する。

ジャンクフードやカップ麺までも美味しいと受け付けられるし3時のおやつも要求される(笑)

車椅子に座ってリビングで一緒にご飯が食べられるようになり、車いすも自走式のに変えて自分の腕と足で動かすまで回復

と思ったら2022年3月下旬大腿骨頸部骨折で救急搬送→人口骨置換手術を受ける

5月にはリハビリ病院へ転院となる

元々耳は遠くなっており10年くらい補聴器を使っている

 

娘・Ray

独身娘

アラフィフ

2018年秋に1人暮らししていた都内から実家に戻ってくる(両親の世話&自身の持病治療の為)

20代に腎臓病が判明しそこから何十回も入院・手術を繰り返す

2022年6月にも腎臓の手術を受ける。退院前日に高熱をだし腎盂炎を発症し予定よりも2週間以上も入院が延びる

また都内在住時急性咽頭炎で緊急入院も経験するくらい病院に世話になってます。

現在は親の介護を含め家事全般(お金の管理も含め)を主体となって行っている

私一人がほぼ母の介護をやっているので日を追うごとにストレスとイライラで怒ってばかりの日が続く

その為現在はほとんど受注しないが一応『在宅フリーランス』としてWordPress制作を請け負ったり記事を書いたりもしている

 

愛猫ブルー

ロシアンブルーの雄猫

8歳

2013年、生後100日目に出会いそのまま家族となる

最初の5年は私と2人暮らしを満喫

2018年秋に一緒に実家へ戻るも帰省のたびに連れて来ていたからすぐに実家にも順応する

ツンデレのツンが多めの猫だし気に入らないご飯は絶対食べないという頑固者でもある

サイレントキャットと言われる割にはよく鳴くほうだと思う(要求がある時に甘えた声で鳴くのよ~~)

 

 

兄ファミリーも簡単に紹介します

 

兄ファミリー


兄・義姉・甥・姪

隣市に在住

隣市にマイホームがある兄ですが現在は関西に単身赴任中
甥や姪も社会人になりほぼ独立している状態

「介護は妹(私)がやるもの」と思っているので基本手助けは無し

介護や最期の看取りの事など結構簡単に考えている節があり若干イラつく(笑)

但し、母の介護に掛かる金銭的なサポートはかなりしてくれるのでこれはとってもありがたい

今後の状態で都度相談はすると思うけど介助したり色々な手続きは私の役目になるだろう

 

 

こちらも合わせてお読みください

緊急搬送・入院

【救急搬送】父、夜中に胸が痛む→心筋梗塞

つい数時間前まで普通に元気だったのに、ご飯もいつも通りモリモリ食べていたのに、 予期せずに病はやってくるのですね。。。。 ...

高齢親の介護

【見逃すな】高齢者 誤嚥性肺炎の特徴6つ

母が誤嚥性肺炎で救急搬送されました。   関連 【救急搬送】母 体調急変・全身脱力→誤嚥性肺炎   ...

緊急搬送・入院 高齢親の介護

【救急搬送】母87歳 体調急変・全身脱力→誤嚥性肺炎

昨年10月の父の緊急搬送に続き、 8月に母も緊急搬送で病院へ入院することになりました。 な、な、なんと 87歳にして初の ...

高齢親の介護

【高齢ドライバー】高齢親の免許返納問題

先日免許更新に行ってきました。 優良なので5年振りの更新です。   あっ、 写真がまた5年分ババアになった顔に ...

緊急搬送・入院

【高齢父入院】コロナ禍での入院は家族も結構大変です

  父の突然の心筋梗塞からの入院生活   CHECK!!   何の準備もなく入院したのです ...

初めての在宅介護と在宅医療 緊急搬送・入院

【初めての介護Part1】親の介護は突然やってくる「無」→「要介護4認定」に

  2021年夏に緊急搬送され「誤嚥性肺炎」「胸水」などで入院した母   参照 【救急搬送】母87歳 ...

高齢親の介護

【高齢ドライバー】安全装置付き福祉車両購入へ

  我が家の高齢ドライバー&免許返納問題が勃発して早1年半・・・     ようやく、 やっ ...

コロナワクチン

高齢親の介護

【コロナワクチン接種予約】高齢親のワクチン接種予約をしてみた

  高齢者から始まったコロナワクチン接種の予約 我が両親も80歳以上ということで第一弾の予約・接種が出来るクー ...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

在宅介護に必須なお勧め介護用品

身体の負担軽減を考えたお勧め介護ベッド

1日のほとんどをベッドで過ごす高齢親
腰や足の負担だけでなく褥瘡などを回避するためにはベッド選びがとても重要

いくつもの姿勢が出来るベッドは介護される方にも介護する方にも最適です。

やわらかい食事で栄養が摂れるお勧め宅配弁当

やわらかめのご飯が食べやすいという方に最適

作り手も手間がかからず時短できる宅配食の良さ!

種類もたくさん!車椅子人気ランキング

毎日乗る移動に必須な車椅子

使う方の状態によって最適の車椅子を選ぼう!

お勧め!人気記事ベスト10

1

母が誤嚥性肺炎で救急搬送されました。   関連 【救急搬送】母 体調急変・全身脱力→誤嚥性肺炎   ...

2

昨年10月の父の緊急搬送に続き、 8月に母も緊急搬送で病院へ入院することになりました。 な、な、なんと 87歳にして初の ...

3

つい数時間前まで普通に元気だったのに、ご飯もいつも通りモリモリ食べていたのに、 予期せずに病はやってくるのですね。。。。 ...

ロシアンブルー猫生後3ヶ月 4

2013年10月、人生で初めて猫を飼い始めました 【独女 猫を飼うPart1】ロシアンブルーという猫との出逢い 【独女 ...

5

先日免許更新に行ってきました。 優良なので5年振りの更新です。   あっ、 写真がまた5年分ババアになった顔に ...

猫と熱中症,猫と水分補給 6

ここ数年、 猛暑と呼ばれる夏が多くなってきています。 また5月や6月に猛暑日になることも!! 人間でも暑さにやられて熱中 ...

7

何歳になっても 母は母であり、 娘は娘のままなのだなぁ~~ と、 思う今日この頃。。。   母の涙に思うこと ...

8

  我が家の高齢ドライバー&免許返納問題が勃発して早1年半・・・     ようやく、 やっ ...

ペットショップの現実,パピーミル問題 9

  初めてペットショップでロシアンブルーの猫を見た時に「飼いたい」と思った私。 でも、 猫など飼ったことないし ...

ロシアンブルー生後3ヶ月半 10

Photo by Ray 我が家に来た初日からMyベッドを占領するブルーにゃん 【独女 猫を飼うPart1】ロシアンブル ...

2021-10-01