独女猫を飼う

【独女 ロシアンブルーを飼う】ロシアンブルーの特徴・性格・1人暮らしとの相性

2013-10-05

ロシアンブルー猫生後3ヶ月

2013年10月、人生で初めて猫を飼い始めました

 

初めて飼う猫。
初めて飼うロシアンブルー。

不安もありましたが、初めて猫を飼う&1人暮らしの私にはピッタリな猫でした!

 

今回はロシアンブルーについて、
我が猫のブルーについて書いていきます

 

 


ロシアンブルーってどんな猫なの!?

ロシアンブルーの起源

 

ロシアの原産で以前の別名に「アルハンゲルキャット」とあり、ロシアのアルハンゲル島が起源という説と、ロシア港アルハンゲリスクからイギリスや北欧に連れてこられた説があるそうです。

 

第二次大戦以降、激減し現在の原産地はロシアよりイギリスが主となっている模様

 

ロシアンブルーの特徴

 

短毛種でブルーの毛で毛質も細くなめらかである。
目は仔猫の時はうっすらブルー色だが大人になると綺麗なエメラルドグリーンになる。

 

体型はフォーリン・タイプと呼ばれる細っそりとした体型で筋肉質である。

 

ロシアンブルースマートな体系

 

ロシアンブルーの性格

 

ロシアンブルーは他の猫に比べ、主人に忠実な性格を持つことから「犬のような正確の猫」と称される事もある。

主人に忠実な正確なため、人見知りがあり、神経質な所もあるので、知らない人間には警戒心を抱きなれるまでには時間がかかる傾向がある。

 

「サイレントキャット」と呼ばれるくらい鳴き声を上げることが少なく、性質も大人しいのでマンションなど集合住宅でも飼いやすい部類の猫と言われます。

 

ただ、スマートな体型を維持する為に運動量は多く遊び好きな一面もある。

 

体臭や口臭も少なく、毛並みのケアもそれ程手がかからないのでこの事からも「飼いやすい猫」の種類に挙げられます。

 

 


スポンサーリンク


我が家のロシアンブルーはどんな性格?

 

我が家のロシアンブルーは性格は甘えっ子だと思いますね。

独女とブルーにゃん(♂)とふたりっきりだからというのもあるかも知れません。

 

私が帰ってくると部屋のドアの所までお迎えに来てくれて『早く開けて』とミャーミャー言ってます。

但し、ドアを開けて抱っこしようとすると後ずさりして抱っこされようとはしません(苦笑)

このツンデレさがいかにも猫っぽいですよね

 

私の背中に乗るのが大好きなので、ちょっとでも身体を倒すと勢いよく乗っかってきます。

そしてベターッと寛ぎます。

なので私は腰の曲がったお婆ちゃんの状態でしばらく動くよう・・・(-_-;)

 

生後三か月ロシアンブルー私の頭に乗っかった生後3ヶ月半頃のブルーにゃん

 

このように猫も人に懐くし甘えますよ~

 

「サイレントキャット」に関してはどうかな?

ほかの猫がどれだけ鳴くのかがわからないので比べようがないですが基本、無駄鳴きのような事はしないと思います。

 

朝、私がなかなか起きない時(笑)『お腹すいたよ~ご飯くれよ~とか

仕事している時とか『遊んでくれよ~~』とか甘えたい時に鳴くことは多いですね。

 

あとは猫って基本キレイ好きだから

私が寝ている時にウ●チした時に『早くおトイレ掃除しろよ~~』って鳴いて起こされることも(笑)

 

人への警戒心は少ない方ですね。

あまり威嚇することはないです。

実家に連れて帰った時も初日から我が物顔で実家を走り回ってました。

 

ただ、
父には比較的近づくのに母が近づいていくとシャーって威嚇して逃げてしまうことが多かったです。

 

だけど、
仕事で海外に行かなきゃいけなかった時に、1週間程実家に預けた頃があります。ブルーが2歳半頃かな。

その前に何度も実家に連れて行っていたのもあるのでしょうが、とても良い仔で過ごしたそうで

父には撫でられるのがOKになり、母とも以前より距離は近づけたみたいです。

 

やはりご飯をくれたり、トイレを掃除してくれたりする人には懐くのでしょうかね(笑)

現金なやっちゃ(笑)

 

 

毛並みは本当に触り心地が良い滑らかな毛質で撫でてると本当に気持ちよくって癒されます。

短毛種なのではありますが『換毛期』の抜け毛は凄いです。

 

猫の毛が生え変わるのは春すぎと秋の2回だと言われていますが、

この時期は抱っこするだけで毛だらけになったり、ブルーが座っていた場所が毛だらけだったりと掃除機はもちろんの事すぐに毛が取れるようにコロコロが手放せません。

 

私は初めての猫で、しかも一人暮らし。

そんな私でも特に大変な事はなく(もちろん命ある動物なので責任という大変さはありますよ)

飼いやすいか、難しいかと言われれば

 

「飼いやすい」です。

 

あくまでも「私は」であり、「ブルー」との相性も良かったのかも知れません。

 

どんな猫でも種類によってだけでなく、個体差というのもあるので参考までに書きましたがどんな動物でも愛情をもって接すれば気持ちは通じ合うのかな?なんて思っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お勧め!人気記事ベスト10

1

つい数時間前まで普通に元気だったのに、ご飯もいつも通りモリモリ食べていたのに、 予期せずに病はやってくるのですね。。。。 ...

ロシアンブルー猫生後3ヶ月 2

2013年10月、人生で初めて猫を飼い始めました 【独女 猫を飼うPart1】ロシアンブルーという猫との出逢い 【独女 ...

3

先日免許更新に行ってきました。 優良なので5年振りの更新です。   あっ、 写真がまた5年分ババアになった顔に ...

猫と熱中症,猫と水分補給 4

ここ数年、 猛暑と呼ばれる夏が多くなってきています。 また5月や6月に猛暑日になることも!! 人間でも暑さにやられて熱中 ...

5

何歳になっても 母は母であり、 娘は娘のままなのだなぁ~~ と、 思う今日この頃。。。   母の涙に思うこと ...

6

  我が家の高齢ドライバー&免許返納問題が勃発して早1年半・・・     ようやく、 やっ ...

ペットショップの現実,パピーミル問題 7

  初めてペットショップでロシアンブルーの猫を見た時に「飼いたい」と思った私。 でも、 猫など飼ったことないし ...

女性の稼ぎ方,自分らしく働く,女性の働き方 8

実際「稼ぐ」為には頑張ることが必要です!   こういうと、 「なんだ、結局ガツガツしないといけないんじゃん!! ...